とうとう3歳牝馬3冠の幕開け、桜花賞です。

2017年のレーヌミノルが8番人気

2016年のジュエラーが3番人気

2015年のレッツゴードンキが5番人気

2014年のハーブスターが1番人気

2013年のアユサンが7番人気

過去5年で1回しか1番人気が勝てていない理由は、「牝馬」だから気まぐれ。

はじめて超ビッグレースに出て繊細な馬がどういう反応をするのか始まってみないとわからない。

「クラシック路線」を走る馬にとって1600mは「血統的に短い」ってところでしょうか?

毎年「もう女には騙されないぞ」って言ってる人も多いと思いますが、女が騙しにかかってきている時に「絶対に負ける」とか「絶対に勝つ」なんてものではないので

結局は予想不可能なんでしょう。

「今年も女に騙されるぞ!」と意気込んでまいりましょう。

 

桜花賞(G1) 2018 予想

4月8日(日)サラ系3歳 オープン  18頭

(国際)牝(指)定量

阪神競馬場 芝 右 1600m(B)

出馬表

馬番 馬名 騎手
ラッキーライラック 石橋脩
アマルフィコースト 浜中俊
リバティハイツ 北村友一
アンコールプリュ 藤岡康太
レッドサクヤ 松山弘平
スカーレットカラー 岩田康
トーセンブレス 柴田善臣
ハーレムライン 大野拓弥
リリーノーブル 川田将雅
10 アンヴァル 藤岡佑介
11 コーディエライト 和田竜二
12 デルニエオール 池添謙一
13 アーモンドアイ C.ルメール
14 レッドレグナント M.デムーロ
15 プリモシーン 戸崎圭太
16 フィニフティ 福永祐一
17 マウレア 武豊
18 ツヅミモン 秋山真一郎

阪神競馬場 芝 1600m 種牡馬別 成績

※過去3年

種牡馬名 勝数 出走馬
ディープインパクト 31 アンコールプリュ、レッドサクヤ、トーセンブレス、プリモシーン、フィニフティ、マウレア
ダイワメジャー 10 アマルフィコースト、コーディエライト
キングカメハメハ 10 リバティハイツ
ステイゴールド デルニエオール
ロードカナリア アンヴァル
マンハッタンカフェ ハーレムライン
ヴィクトワールピサ スカーレットカラー

天才馬券師A見解

天才馬券師A
20年以上2着以内に入っていない1~5番はラッキーライラック以外は馬券から外した。あとは深く考えてもわからないのでジョッキー買いをする

桜花賞(2018)馬券師A

桜花賞 2018 予想印

馬番 馬名
17 マウレア
15 プリモシーン
13 アーモンドアイ
注1 14 レッドレグナント
注2 ラッキーライラック

天才馬券師A 買い目

単勝

17

馬連

17-15 17-13

ワイド

17-14 17-1

三連複

17-15から13,14,1流しと17-13から14,1流し

全10点 100円ずつ 合計1,000円

桜花賞 2018 他馬券師の予想

※馬券師Aと戦うために作ったキャラクターです、予想は私がしていませんし実際には馬券の購入もしていません。

凡才馬券師B(三連複5点BOX派)

凡才馬券師B
1-9-13-15-17の三連複5点BOX1000円

カープ女子(三連複5点BOX派)

カープ女子
1-3-9-15-17の三連複5点BOX1000円

オリ姫(馬連5点BOX派)

オリ姫
1-7-9-13-17の馬連5点BOX1000円

もげ太(ワイド5点BOX派)

もげ太
1-3-4-9-17のワイド5点BOX1000円

 

桜花賞 2018 結果

※レース後追記します

着順 馬番 馬名
13 アーモンドアイ
ラッキーライラック
リリーノーブル
トーセンブレス
17 マウレア
リバティハイツ
レッドサクヤ
スカーレットカラー
18 ツヅミモン
10 15 プリモシーン
11 アンコールプリュ
12 16 フィニフティ
13 12 デルニエオール
14 ハーレムライン
15 14 レッドレグナント
16 11 コーディエライト
17 10 アンヴァル
取消 アマルフィコースト

 

各馬券師の回収率

ランク 名前 購入額 購入額累計 配当 配当累計 回収率
馬券師A 1000 17000 0 14690 86.4%
オリ姫 1000 17000 480 13760 80.9%
もげ太 1000 14000 230 4150 29.6%
カープ女子 1000 17000 0 2480 14.6%
馬券師B 1000 17000 830 2090 12.3%

 

桜花賞 2018 寸評

「アーモンドアイの驚きの差し脚」くらいに言うことはありません。

1番人気ラッキーライラックもゴール200m前まではいい調子だったんですけどね「アーモンドアイがそれ以上だった」ということでしょう。

「ではオークスはアーモンドアイで絶対か?」と考えたら、まあ距離も違いますのでアーモンドアイでもラッキーライラックでも無いNEWヒロインの登場が濃厚なんじゃないでしょうか?

「いやいや毎年そんなことを繰り返すわけもないから今年こそ2冠牝馬の誕生だ!」とも思えますし、未来はいつもわからないものですね。

 

関連記事

お友達リンク