ジャパンカップ 予想

凱旋門賞やドバイのワールドカップに挑戦する馬を見て「長距離輸送大丈夫だったのかな?」と心配することがありますが

ジャパンカップは逆ですね、「遠路はるばる来てくれた外国馬は輸送大丈夫だったのかな?」と心配する立場です。

おそらく「大丈夫ではない」から招待しても来てくれないし、来てくれても勝てないのでしょう(日本の競馬が独特ってのもあるとは思いますが)

それでも、外国招待馬を抜きに考えても日本の一流の中・長距離馬が集まってくるレースです。

天皇賞(秋)→ジャパンカップ→有馬記念の秋のビッグレースの流れは競馬ファンならワクワクしますね。

それでは予想していきましょう。

ソウルスターリングちゃん(ハート)

ジャパンカップ 2017 出馬表

 馬番  馬名  性齢  騎手 備考
 1 シュヴァルグラン 牡5 Hボウマン
レイデオロ 牡3 Cルメール  ダービー馬 6戦5勝 負けは皐月賞の5着のみ
ギニョール 牡5 Fミナリク  独G1・2勝
キタサンブラック 牡5 武豊  G1・6勝
サウンズオブアース 牡6 田辺裕信
イキートス 牡5 Dポルク  独G1・1勝 昨年のジャパンカップ7着
ディサイファ 牡8 柴山雄一
ソウルスターリング 牝3 Cデムーロ  G1・2勝 オークス馬
レインボーライン 牡4 岩田康誠
10 ブームタイム 牡6 Cパリッシュ  豪G1・1勝
11 マカヒキ 牡4 内田博幸  ダービー馬 G1・1勝 仏G2ニエル賞1着
12 サトノクラウン 牡5 Mデムーロ  G1・2勝(香港G1香港ヴァーズ含む)
13 シャケトラ 牡4 福永祐一
14 アイダホ 牡4 Rムーア
15 ワンアンドオンリー 牡6 横山典弘  ダービー馬(2014) G1・1勝
16 ヤマカツエース 牡5 池添謙一
17 ラストインパクト 牡7 戸崎圭太

ジャパンカップ 2017 予想

ジャパンカップ 脚質データ(過去10年)

複勝率

1位 先行(25.6%)

2位 差し(20.5%)

3位 逃げ(9.1%)

4位 追い込み(8.0%)

追い込み、逃げがデータ的に好走していない。メンバーを見た所外国馬はよくわからないのですが

極端な追い込み馬、逃げ馬ってのはいなさそう。

メンバー的には17.ラストインパクトが逃げそう、それから15.ワンアンドオンリーが一発に賭けて追い込むんじゃないかと思いますが

実力から見てもこの2頭は消して良いと思う。

ジャパンカップ 馬齢データ(過去10年)

複勝率

1位 4歳(22.6%)

2位 5歳(20.5%)

3位 3歳(20.0%)

4位 7歳(14.3%)

5位 6歳(4.0%)

余程の実力馬でなければ3・4・5歳馬以外は外して良いのではないか?

5.サウンズオブアース(6歳)7.ディサイファ(8歳)10.ブームタイム(6歳)

ジャパンカップ 予想と買い目

「もはや予想でも何でもない」状態で3歳牝馬を贔屓買いしていますが、今回も◎ソウルスターリングでいきます。

牝馬っていきなり気を抜くことも有るけど、いきなり激走することもあるので「激走」に期待します。

問題はここから単勝なのか複勝なのか、ワイドなのかボックスなのか流すのか・・・。

いいかげんに「当てたい」のでワイドで。

気になる馬が8.ソウルスターリング以外に5頭いるので「流し」にします(5点200円ずつだと1000円馬券で割りやすいので)

今回は深く考えずに距離適性で気になる馬をピックアップしました。

1.シュヴァルグラン ジャパンカップ2着(2016) G2京都大賞典(2017)3着 天皇賞(春)(2017)2着

2.レイデオロ ダービー馬 神戸新聞杯(2017)1着

3.ギニョール よくわからないけど2400mでよく勝ってる

11.マカヒキ 昨年のダービー馬 2400mは得意そう

12.サトノクラウン 天皇賞(秋)(2017) 2着 宝塚記念1着(2017)

キタサンブラックは「引退する奴は知らん!」ということで馬券から外します。

8-1

-2

-3

-11

-12

(ワイド流し)

各200円合計1,000円

ソウルスターリングちゃん(シリアス・ジャパンカップ)ジャパンカップ 2017 結果

着順 馬番 馬名
シュヴァルグラン
レイデオロ
キタサンブラック
11 マカヒキ
14 アイダホ
レインボーライン
ソウルスターリング
16 ヤマカツエース
ギニョール
10 12 サトノクラウン
11 13 シャケトラ
12 サウンズオブアース
12 10 ブームタイプ
14 17 ラストインパクト
15 イキートス
16 15 ワンアンドオンリー
17 ディサイファ

ジャパンカップ 2017 寸評

キタサンブラック逃げました。

素人の私にはわからないことですが、見ていて「速くないか?」と思いましたが、ゴール前で捕まってしまいましたね。

勝ったのは1.シュヴァルグラン 2着は2.レイデオロ

キタサンは負けましたが、強い馬がちゃんと勝ったところは「やはりジャパンカップ」、素直にシュヴァルグランの健闘を讃えたいと思います。

きっとこの2頭は有馬で再戦、そして最終戦になるんじゃないでしょうか?

一年最後の楽しみができましたね。

それにしてもソウルスターリングは、やはり牝馬だからか見た目も勝てそうになかったです。

調子が悪いのですかね?

今戦ったら、モズカッチャンやディアドラ、レーヌミノルらに勝てるのかどうかも怪しく思いました。

今年はまだ戦うんですかね?戦うならまた応援はしますけど(笑)

本来の「この馬牝馬なのになんか怖い」って感じの迫力を取り戻して欲しいです。

馬券収支報告(2017)

馬券購入金額累計 25,000円(内ジャパンカップ1,000円)

配当金累計 11,755円(内ジャパンカップ0円)

馬券回収率(2017) 47.0%

ジャパンカップ(結果)