いよいよ春の天皇賞が近づいてきましたね。

今週はそのステップレース・阪神大賞典(G2)

3000mなので本番よりは200m短いです。

競馬を見始めた頃は3000mとか3200mなんて長すぎてレースの前半が退屈に感じたりしました(笑)

今はその前半の時間もゴールの瞬間をじらされている感じでドキドキするような気持ちを楽しめるようになりました。

それでは阪神大賞典(G2) 予想をしてみましょう。

阪神大賞典(G2) 2018 予想

3月18日(日)サラ系4歳上 オープン  11頭

(国際)(指)別定

阪神競馬場 芝 右 3000m(A)

出馬表

馬番 馬名 騎手
トミケンスラーヴァ 秋山真一
スーパーマックス 山口勲
シホウ 小牧太
カレンミロティック 池添謙一
コウエイワンマン 四位洋文
サトノクロニクル 川田将雅
レインボーライン 岩田康誠
クリンチャー 武豊
ムイトオブリガード 藤岡祐介
10 アルバート 福永祐一
11 ヤマカツライデン 松山弘平

阪神競馬場 芝 3000m 種牡馬別 成績

※過去3年

種牡馬名 勝数 登録馬
ステイゴールド レインボーライン
ハーツクライ カレンミロティック、サトノクロニクル
アドマイヤドン アルバート

天才馬券師A見解

天才馬券師A
今回は予想する時間がなかったので悩まずに距離適性と勘で買う

阪神大賞典2018

阪神大賞典 2018 予想印

 

天才馬券師A
◎はアルバートにしようかと悩んだが関東馬の勝率が良くないのでクリンチャーで勝負
馬番 馬名
クリンチャー
10 アルバート
ムイトオブリガード
注1 サトノクロニクル
注2 レインボーライン

天才馬券師A 買い目

単勝

馬連

8-10 8ー9

ワイド

6-8 7-8

三連複

8-10から9,6,7流しと8-9から6,7流し

全10点 100円ずつ 合計1,000円

阪神大賞典 2018 他馬券師の予想

※馬券師Aと戦うために作ったキャラクターです、予想は私がしていませんし実際には馬券の購入もしていません。

凡才馬券師B(三連複5点BOX派)

凡才馬券師B
4-6-7-10-11の三連複5点BOX1000円

カープ女子(三連複5点BOX派)

カープ女子
6-7-8-9-10の三連複5点BOX1000円

オリ姫(馬連5点BOX派)

オリ姫
6-7-8-10-11の馬連5点BOX1000円

もげ太(ワイド5点BOX派)

もげ太
1-6-7-8-10のワイド5点BOX1000円

 

阪神大賞典 2018 結果

※レース後追記します

着順 馬番 馬名
レインボーライン
サトノクロニクル
クリンチャー
10 アルバート
カレンミロティック
11 ヤマカツライデン
シホウ
ムイトオブリガード
スーパーマックス
10 トミケンスラーヴァ
11 コウエイワンマン

 

各馬券師の回収率

ランク 名前 購入額 購入額累計 配当 配当累計 回収率
馬券師A 1000 13000 480 14390 110.7%
オリ姫 1000 13000 1290 13280 102.2%
もげ太 1000 10000 860 3280 32.8%
カープ女子 1000 13000 760 2480 19.1%
馬券師B 1000 13000 0 1260 9.7%

阪神大賞典 2018 寸評

今回のレースはほとんど予想をしていなかったので、気楽にテレビ観戦をしました。

買った馬券も「当たったところでたいしたことのない」馬券なので、そこも気楽だったポイントです(笑)

 

レースが始まって最初に思ったのが「今日のレースは前が残っているので・・・」というアナウンサーのセリフから「”逃げ”のヤマカツライデンを抑えておくべきだったかな?」と頭に浮かびました。

私は「逃げ馬」が好きなので、深く考えて予想していたらヤマカツライデンは馬券に入れていたでしょうね。

走っている馬を見ながら「カレンミロティックが強そう」と思ったので注目しましたが、この馬は5着でした。

本命馬クリンチャーは「前の馬を抜きたがって」馬場の外側に馬自身が行きたがっているように見えました、その分ロスがあったのでしょう、ゴール前でもうひと延びができずに3着。

優勝はレインボーライン、クリンチャーよりは「大人の余裕」ってところでしょうか、3コーナーで8位だったので「差しが決まった」と言えるでしょう。

2位のサトノクロニクルも3コーナーでは7位だったので、これも「差した」と言って良いでしょう。

4位に入ったアルバートも「差し」ですし、このレースに限っては「前を走った馬」は好成績を残せませんでした。

クリンチャーは春の天皇賞に進むのでしょうけど、この気性をどう制御していくのか、制御できるのか、本番では複勝圏内に入るのは難しいかもしれないですね。

関連記事